備忘録 Part.2

アニメ、漫画、本、映画、ソシャゲなど思いついたことを書きます

170.シビルシビレル

正義、悪議論が自分は大好きだったりする。

というかオタクならば誰でも好きだと思うが、正義悪議論について話したい。

 

そもそも正義悪議論とは「何が悪で何が正義か」という議論のこと。

これはある人にとっては正義である人にとっては悪、という議論は水掛け論になるに決まっており、語っても意味のない話と言われればそこまで。

結局、何を最優先に考えるかがその人の人生、どういうバックボーンを持つかによることなので、意味のない話。

 

ただそれでも言いたいのは、それは全て理性の上で成り立つ議論。

何が正しいのかなんて目の前で本能に飲まれてしまったらどうしようもない。

意味のない話を意識すらしなくなる。

 

シビルウォーで描かれているのは結局そういうところなんじゃないかな、と最近思う。

その人の人生、その人のバックボーンで最重要だったものがある日、崩れ去ったら人は正義の範疇に行動を落とし込めるのか。

見て欲しい映画です、本当に。