備忘録 Part.2

アニメ、漫画、本、映画、ソシャゲなど思いついたことを書きます

150.飲み会

最近、飲み会に参加するのが嫌という若者が多いらしい。

給料も出ないのにもかかわらず何で上司の接待をしなくちゃいけないんだ、というのが大方の理由らしい。

だけど、給料が出ないのは嘘で上司への心象が良くなると昇進につながるため未来の投資にはなっている。

それをこなして偉くなったわけだから下にもそうして欲しいというのは理解できるし、作法を身内で勉強できる数少ない場なんでしょう。

 

しかしながら、今、有名企業でも力を失う時代である。

長い目で見れば、一つの企業で永久就職、骨を埋めるというのは少数派になっていくのかもしれない。

そんなことが想定できる状況でその企業で上へ上がる努力というのは理にかなってないのかもしれない。

だから今の飲み会嫌いな人も道理といえば道理な気がする。

 

ほんでもって自分なんだけど、正直一回りも二回りも年が違う人との飲み会を嫌と思ったことがない。

一回りも二回りも違うと人生が違いすぎて、その人がどう生きてきたかという話が面白くてならない。

まぁそれはきれいごとなんだけど。

 

すいません、何書こうとしてたか忘れました。

とりあえず社会人は金を多く出せとして筆を置くことにします。