備忘録 Part.2

アニメ、漫画、本、映画、ソシャゲなど思いついたことを書きます

110.区分と苦文

最近教えていただいたんだけど、マーケティングの世界では

市場でのシェア第1位の立場を「リーダ」、

追従する第2位3位の立場を「チャレンジャ」、

独自のやり方でシェアを獲得している立場を「ニッチャ」、

リーダ、チャレンジャを模倣して市場にい続けている立場を「フォロワ」

と称するらしい。

用語のかっこよさが素晴らしくて絶句(いい得てるのにどこかセンスがある)なわけだけど、これ何にでも適用できるのも素晴らしい。

ドラゴンボールなら悟空、ベジータクリリン、悟飯だし、NARUTOならナルト、サスケ、シカマル、木葉丸という感じですかね。

門外漢なので合っているかは知りません。

 

ニッチャを好んでいると思ったら、実はリーダだったがあるあるでお馴染み。

こんばんは。

 

聖地巡礼で勝手にモチベーションが未だ高いハルヒだけども、BS11で再放送が始まって好んで見ている。

勝手にモチベーションが上がっていると思ったら、ハルヒ側が寄せてきとるやんけ!

なんなら自宅でイベントやってくれよ!

とイカれたことを考えてましたが、まぁ今年アニメ10周年だものね。

 

嫌儲厨と思われたくはないけれど、それでもやっぱり好きな作品がパチスロに行ってしまうのは作品が消費物やよくない人に利用されている匂いを感じてあまり好きになれない。

過去にたくさんの好きな作品がパチスロに行き、苦虫を噛み締めたような顔をネオンの前でしていたけど、それを元手に新たな作品展開されるなら飲み込むしかないのがファンの役目だ。

 

どうしても少しずつ物の見方が変わってきてしまうので、これは資金を集めているのかな、とか感じてしまう。

そういった意味でハルヒパチスロにこそ行ってしまったけれど、それだけでなくBD-BOX、サントラと色々と動きがあるので3期の展開を待っていたりする。

 

再放送だと思っていたらエンドレスなエイト始まりましたよ、へへへ。みたいなこともあったし、今回も過度に期待はせずでも少し期待はして待ちたい。

京アニ忙しそうだけども…。

 

かつてリーダだったコンテンツをニッチャになった頃に勝手にフォロワーになるニッチなオタク。

これは何に属されるんですかね。