備忘録 Part.2

アニメ、漫画、本、映画、ソシャゲなど思いついたことを書きます

107.傍受

もうまもなくジェイソンボーンが公開される。

自分は友人に勧められてみたため、熱量としては引けを取っているけれど、それでもアルティメイタムから五年以上経っている〇年代きってのアクション大作の最新作。

楽しみでしょうがない。

 

ボーンシリーズに思いを馳せていて思ったのだけど、最近全くエシュロンについて聞かなくなった。

ボーンだけでなく、ダークナイトやMIシリーズ(これはうろ覚え)も作品に登場させていたり、日本だとブラッディマンデイが代表格だろうか。

とにかくハイスペック通信傍受システム、エシュロン

全ての通信を傍受しそこに流れているワードの内、不穏なものをピックアップして捜査に使うのがエシュロン

某事件でアメリカは実戦投入したなんて都市伝説が流れたりした。

実際その時期に話題になったため、単語の鮮度が落ちたから作品でも見かける機会が減ったんだろう。

 

流石に好きなボーンシリーズであっても、喋った際のブラックブライアーという単語を音声認識、というのは精度高すぎで無理があると感じるけれど、それでもエシュロンの絶望感は半端ない。

無敵さのすごいエシュロン、出てくると意外とテンション上がってたものだけど再びジェイソンボーンであの男と一緒に帰ってきてくれると嬉しい。

 

たぶん全世界が待っていたボーンシリーズで、エシュロンを待っていた人なんて限られに限られていると思うけれど、楽しみである。