読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録 Part.2

アニメ、漫画、本、映画、ソシャゲなど思いついたことを書きます

75.◯◯上陸

いる地名って明らかになってないパターン。

 

聖地巡礼2日目。

神戸で聖地といえばたぶん代表格なのがfateと「涼宮ハルヒの憂鬱」。(他にあったらすいません)
自分はハルヒでオタクに目覚めたたちなので聖地巡礼を決意。

といっても少し忌避したい部分があった。

 

人生で初めて好きになったヒロインっているけれども。
ある人は峰不二子で別の人はラムちゃん天海春香の人、平沢唯の人、高坂穂乃果の人…。
いっぱいいるヒロインの中でこの人が一番!って人がいる、絶対いる。いないとおかしい。
つまるところ、涼宮ハルヒが自分にとっての一番のヒロインなのである。

 

…が自分にとっての一番のヒロインなのである(キリッ)って最高に気持ち悪いと思われるに違いない。ドン引きであろう。

けれども気持ち悪いと思った人にも絶対にそんなヒロインはいるはずで、その人も❍❍❍❍である(キリッ)ってやってみて欲しい。
最高に気持ち悪いけど、最高に気持ちいいですよ。

 

話はそれまして。
別に他にも好きなヒロインはたくさんいて、「あああああああ」と奇声をあげながらお金をつぎ込む毎日だ。
でもハルヒだけは何かよくわからないけれど、特別で七夕の時に未だに3期を期待してしまう。
初めてアニメを見てハマって以来永遠のチャンピオンの座に君臨し続けている。
というかもう殿堂入りしてしまっている。
だから、何年も憧れていた坂からの夜景を見てしまうと、坂から降りた後の自分の中で(当時なかったことばである)ロス状態をかましてしまう気がした。
あ~~立ち直れない、みたいな。
私は(永遠に)ここにいる(願望)みたいな。

 

長々と書き連ねたけれどなんで前置きがこんなに感傷的な内容なのかと言われれば、話の枕から状態を読み取るのが下手か。とある種挑戦的な返答をするしかない。
要するに今絶賛ロス状態なのである。

 

f:id:jo808:20160905002140j:image

もっと書けそうだけどそろそろ聖地巡礼の内容を書きます。

以下の場所に行った。
昨日と打って変わって現地の名前から変えた。

 

・通学路

 

スタートはキョンが学校に向かうまでの通学路。
最寄りは甲陽園駅。三宮乗り換えを勘違いしていて電車で迷う。
はじめから目的地に坂を持ってきている。
正直一番見たいところだったので、日も暮れない内にと初めに持ってきた。
キョンが作中2,30分と言っていたけれど、名所でもない実際の学校のマジな通学路なので迷いまくって行きは小一時間かかった。
迷ってばっかです。

肝心の内容だけど、駅前の光景、通学路のシーンでは有名な割りとしっかりした橋、消失で出てくる横断歩道とガソリンスタンド、正門前と見どころはうなるほど。
なんなら向かう前の電車も聖地といえば聖地でここだけでめちゃくちゃ写真を撮った。
初めて見た坂の景色は正直言葉をなくしてしまった。リアルに。
学校内では部活をしていて白い目で見られるのが怖かったけど、参拝客はよくいるみたいでチラチラ見られることはなく、生徒さんは慣れているみたいだった。
なんでって現地で参拝客とお話してちょこちょこ話してたもんね。
一緒にキョンの停めていた駐輪場で二人で写真を撮ってたもんね。
まさかこの2016年にハルヒの話を熱くしあう、それも知らない人と、みたいな展開があるとは。驚愕。ハルヒだけに。

 

・駅前

 

場所でいうところの夙川駅。
シーンは忘れてしまった(お恥ずかしい限り)のだけど、なんとなく見覚えは感じていた。
帰って早く作中を確認したい。たぶん探索前だったかな…。
本当は長門のマンションに行きたかったのだけど、激迷いをかまして一緒に歩いていた人に申し訳なさでいっぱいでした。
互いに歩き疲れ見え見えでなんか解散してしまった。
自分の巡礼はまだまだ続くんだけども。(多分相手も)

 

・公園

 

色々と出てくる公園ですが、みくるとキョンのデートの公園。
みくるが告白するベンチはどれかわからないけれど、どうやら実際に当てはまるものはないらしい。
エンドレスエイトや映画撮影でも出てきたなぁとしみじみ。
おばさんたちがのんびり散歩しまくってたけど、川沿いですごく雰囲気がよかった。
春には桜満開になるそうなのでキョンもなかなか角に置けない。何がやれやれだ。
すべりだいはペンキで塗装してあってめっちゃきれいになってました。

 

・市民プール

 

エンドレスエイトのプール。
入ってないけど外から見る分に水が張ってあり暑い中来てラッキーという感じ。
近くに池がある公園があるらしく、勘違いしてたけどみくるが落ちた公園は別の場所らしい。
作中出てくるけどね。
つくづく西宮市民になりたさを感じた。

 

・踏切

 

自分は本当にハルヒの野球観戦の話のシーンが大好き。
ハルヒの人間らしさとかキョンとの距離感とか色々詰まってて最高のシーン。
作中ナンバーワンかもってくらいに好き。
その話をする踏切で場所は甲陽園駅の近く。
正直そのまんまでただの踏切なのに鳥肌止まらなかった。
ただついた時だいぶ作中の時間と違い、暗くなってしまっていた。(聖地巡礼あるある
でもすごいよかったです。

 

長門のマンション

 

マンションも外観そのまま。京アニほんとぱねえっす。
マンションは逆におでんの時思い出して暗い方がしっくり。
さすがに中を入るのはあれだったけど、すごい良いマンションの門構えだった。
いつかここ住みたいもんです。

・中学校

ハルヒがミステリーサークルを書いた中学校。
中は入れず運動場見れずだったけど、門が暗かったので忍び込んだ時の雰囲気出ててよかった。
でもそれでも運動場見たかった…。
モデルとなった中学は石垣で高くなっているので外からは見れず。。。
非常に悔しい。
そういえばなぜかその学校の先生が残っていてものすごいびっくりした。
声かけられたらジョン・スミスって言う気満々だったけど、何事もなく車で帰って行ってました。

 

・通学路

 

2度め。
本当は西宮北口方面をせめて最終回の待ち合わせのカットで帰るというキレイな流れを想定してたけど、暗くて不可能に。
だったら見たかった夜景を見ようということで2度めの通学へ。
正直足パンパンで足の平が悲鳴を上げに上げていてしんどい。
夜でもじっとり熱く汗も着ていたTシャツは塩が見えるまでになってた。

到着するとそこは素晴しい光景だった。
神戸の夜景はきれいと聞いていたけど、そこに色んな自分の感慨が乗っかって余計に心に突き刺さった。
こんなきれいなところに通っている学生がいるのにも衝撃だけど、聖地巡礼でこんな景色が見れることにも驚いたし、作品のモチーフがもはや作品みたいな完成度ですごかった。

呼吸するのを忘れてました。
そしてよくわからないけど、泣いてしまった。
なんで泣いたのか全くわからないんですけど。
なんかすごい経験した。言葉にできるほど文才はない。


そんな感じで素敵に終わった聖地巡礼だけど、まだ回らなければならないところはいっぱいなので次回に持ち越し。
エンドレスナイン。

 

f:id:jo808:20160905002216j:image

何気にお気に入り、横断歩道。