備忘録 Part.2

アニメ、漫画、本、映画、ソシャゲなど思いついたことを書きます

22.アスキッカー

今日は選挙だったけど、行ってからずっと映画見てた。

4本見た。

 

・キックアス

めちゃくちゃ面白かった。

憧れただけ少年がなるとどうなるかを視聴者に提示しつつ、本物のヒーローを出すのもすごくよくて、本物側は前のヒーローもののパロディやオマージュを入れる演出もニクイ。

キックアスはチヤホヤされて結局何もできない現実に落ち込むところからの一度も正義を成したことがあるのかという自問自答の後立ち上がるという展開は王道でありながら面白い。

彼女(=守りたい存在)ができた瞬間、みんなを守るという思いをヒーローから一人の人間に戻る、というのはかつてのヒーローものが必ず通るシークエンスでそれをキックアスでやることに意味があるし、そこが憧れた少年が大人になってヒーローものから離れることにも見えて非常によかった。

敵側にはレッドミストを置かないようにしていることで、ヴィランのようなわかりやすいアイコンがいるわけじゃなく現実から離れてない。バズーカを誰が打つかもそこに尽きている。

ヒットガールの縦横無尽に動くアクションなどすごく見応えがあるし、見ていて飽きることがなかった。

もっと早く見ればよかった…。

 

・キックアス ジャスティスフォーエバー

キックアスが普通のヒーローものになってしまってそこまでだった。

キックアスはヒーローをやめていたが、現実に戻ったところでやりたいことがやいことに気づき、本当の姿はヒーローにあるとミンディとの訓練の中で気づく。

ヒットガールはヒットガールをしたかったが現実に戻ることを周りとの関わりの中で強いられる。戻った先に現実に知らなかった世界を見るが、自分の本性はヒットガールで馴染めなさを感じていく。

キックアスはヒットガールと離れ、世の中をよくしていくことにこそ自分のヒーローとしての意義があると意思を強くしていくため、レッドミスト改めてマザーファッカーとの戦いの犠牲を見たところで気持ちを痛めつけられてやめようと悩んでも、結局固くなった正義の前ではキックアスでいることから逃げない。

ミンディは自分の本性はヒットガールと気づき、現実を捨てる選択をくれたキックアスに惹かれる。

最終的にヒットガールは正義を永遠にするために活動の地を移すことを選択し、キックアスはこれからも活動を続けていく。

続編を作る予定はきっとなかった前作からきちんとした話を作ったのはいい。

だけど何もなかったオタクからヒーローになったキックアスという背景はないに等しかった。この内容、別にキックアスでやらなくてよくない?っていう。

前作がよかっただけになんかなぁって感じでした。

 

ダークマン

サムライミ監督ということで(和月先生のTSUTAYAインタビュー)見たけど面白かった。

主人公が人工皮膚学者だったが火事で自分の発明した皮膚を使う必要が出て、日中だと99分しか皮膚が機能しないという設定が良かった。

逆手にとって他人に顔を変えるとか設定勝ちな感じ。

初め、復讐のために動くけど徐々に自分の猟奇性に飲まれていくというのがダークマンでストーリーがアメコミ的でありながらいいポイントだと思う。

最終的にダークマンは群衆に紛れるオチは人間の仮面の下には悪性があるというテーマを象徴していていいラストだった。誰でもあって誰でもないというセリフは誰でもダークマンになりうるということなんだろうな、と。

ダークマンがコートを着るシーンのロケ地はスパイダーマンが2にてコートを脱ぐシーンと同じであったり、サムライミ版スパイダーマンヴィランが共通して普通の人間が悪に飲まれる、という動機でいたと思うんだけど、ダークマンと通ずるものがあるところにサムライミ監督すごいと思った。

 

ルーザーズ

軍隊のある小隊が巨悪に立ち向かうチームもの。クリス・エヴァンスが出ていておっ!となった。

話は難しくなくメッセージ性薄めで頭からっぽにしてみれる。

HDDの会社に潜入したろ屋根を全力疾走するジェンセンやクーガーの遠隔射撃で飛行機を制圧するシーンなど画面が楽しいシーンは多い。クレイのスマートなおっさん像はめちゃくちゃかっこよく最後に見せ場増やして欲しかった。

ただルーザーズというからリーダーはキレるが隊員は強いけどバカみたいなもの期待したもののジョークは薄味に思えた。キャラもう少し見せて欲しかったし、ドラマ面のために暗い面の描写が欲しかったかなぁ。

つまらないわけではないけど全体的に地味で、同じ公開時期に特攻野郎Aチームがあったらしくそっちにお客は流れちゃうこと考えると日本のビデオスルーもでしょうね、という感じでした。

あとDC原作なのにメイキングでアイアンマンの Tシャツ着てるスタッフには笑った。

 

映画しか見ずに土日終了。

楽しい。